en
Send news
Send news
[contact-form-7 id="398" title="Отправить новость"]

We are against war, but IKO Russia has a different opinion. The sport has gone to the dark side. (+ japanese)

27/03/2022 2766

On March 25, 2022, on the 30th day of the war, IKO Russia practitioners openly supported the President of the Russian Federation, thus his actions against Ukraine and its citizens.

 Their video message ends with the words: “We are Russians!  We are proud of our country and our president!” #ZaRossiyu. Kyokushin fighters and coaches are proud and support their president, therefore they support and approve the war that the president of the Russian Federation started against Ukraine.

 We, along with the representatives of Ukrainian Kyokushin Karate, including IKO Ukraine, represented by Branch Chiefs, coaches and athletes, are outraged by the fact that people who follow the path of Budo are supporting the russian president, who brought death and destruction to Ukraine.  When some members of the international organization IKO Kyokushinkaikan speak about their pride and support the war in posts and comments, at the same time others are losing their homes and dojos, instructors and athletes are in bomb shelters, in basements, on the frontlines holding their rifles or volunteering.  They protect us, they survive and die.

 And this is on the background of how various international sports federations around the world don’t allow russian and belarusian athletes from participating in sport events and don’t want to see them on sports venues. 

This is after the director of the international department of the IKO Kyokushinkaikan Shihan Katsuhito Gorai wrote a letter to the heads of the European branches, in which he announced the decision of the Organization: neither belarusians nor russians would attend the 2022 European Championship in Varna and other international events.

 As for other Federations, they also refuse to accept athletes from these countries at their events.  Will their numbers increase?  Probably yes.

 The indignation of representatives of IKO Ukraine knows no bounds, and they will raise this issue at the international level of their Organization.  Such a position is unacceptable for a karateka and a budoka.

 The Kyokushin community is disappointed in athletes and coaches of the Russian Federation who have expressed their position and support the war in their posts and comments.  It would seem that people at this age are quite sane and can analyze and draw information from various sources or simply ask their Ukrainian friends about what is really happening in Ukrainian cities (you can see many videos, just to give you an idea) .  How can you not see and not notice the killing of the population, including children, the destruction of civilian infrastructure (neighborhoods and entire cities), which are at the same level as the ground.  Especially in those  cities in which there are no military facilities at all.

 You actively talk about patriotism, and the education of your youth based on respect and love that takes place in your dojos.  This all occurs in the Ukrainian dojos of Kyokushin karate.  The only difference is that they do not support violence, murder and war.

 The Kyokushin community around the world is also aware of those who support Ukraine and are against the war in Russia itself.  Those who tell their friends and colleagues what is really happening and what we see here outside the windows of our houses. They cry, they ask for forgiveness and are as well horrified by what they see. That what won’t be shown and will not be told on Russian national and regional channels.  Why do they see, understand and do not support, but you don’t?  You are the same as they are… although no, you are not. They are strong in spirit and not only on the tatami.

 No sane person will support or approve war in any of its manifestations and forms.

 Such attitude towards the war is shared not only by every coach and athlete, but also by the administration of the Kyokushin Portal and all those who in some way are related to this project.

There is no point in cooperation with those who do not see or do not want to see what is happening now, with those who support the war with all sorts of actions and those who unleashed it.

Be sure that there will be fewer and fewer people who will say “Osu” to you and shake hands at international tournaments and seminars every day.

私たちは戦争に反対していますが、ロシアの極真会館は別の意見があります。 スポーツは暗黒面に入りました。

2022年3月25日、戦争の30日目に、ロシアの極真会館会員(IKO)は、ロシア連邦大統領を公に応援しました、 したがって、ウクライナに対するロシアの大統領の行動を応援しました。

ビデオメッセージは次の言葉で終わります「私たちはロシア人です! 私たちは、私たちの国と大統領を誇りに思っています!」  #ZaRussia。 極真会館の幹部とコーチは彼らの大統領を誇りに思って支持し、それによってロシア連邦大統領がウクライナに対して始めた戦争を支持し承認します。

私たちは、IKOウクライナを含むウクライナ極真会館の代表者とともに、支部長、コーチ、選手に代表され、武道の道をたどる人々がウクライナに死と破壊をもたらした大統領を支持していることに憤慨しています。 国際空手道連盟極真会館の一部のメンバーが自分の投稿やコメントで自分の誇りについて話しながら戦争を支持するとき、他のメンバーはこの時に家や道場を失い、一部の先生や選手は爆弾シェルターか地下室に過ごしています。一部は武器を持って命を懸けて最前線で戦っています。国を守る為、生と死の境目に立っています。

そしてこれは、世界中のさまざまな国際スポーツ連盟がロシア人とベラルーシ人のスポーツイベントへの参加を禁止し、スポーツの場で彼らを見たくないという背景に反しています。

これは、IKO極真会館師範 五来克仁 国際部長が欧州支部長に郵送し、組織の決定を発表した後のことです。ベラルーシ人もロシア人も、バルナで開催される2022年欧州選手権などには参加しません。

他の連盟に関しては、彼らのイベントでこれらの国からの選手を受け入れることを拒否します。 彼らの数は増えるのでしょうか? おそらくそうでしょう。

IKOウクライナの代表者の混乱と怒りは際限がなく、彼らは組織の国際レベルでこの問題を提起するでしょう。 このような立場は、空手家や武道家には受け入れられません。

極真会館のコミュニティは、ロシア連邦の選手やコーチに失望している。彼らはこうして彼らの立場を表明し、彼らの投稿やコメントで戦争を支持している。 この年齢の人々は、さまざまな情報源から情報を分析して引​​き出すか、ウクライナの都市で実際に何が起こっているかを友人に尋ねることができます。すべて実際に起きている事をを見ることができるように、間違いなく何百ものビデオが送信されました。それでも彼ら達は子供を含む市民の殺害、街と田舎を絶滅、民間インフラ(地区と都市全体)の破壊を見て、信じていないか気が付かないかことがあり得ないでしょうか。特に軍事施設が全くない場所で起きています。

あなたは愛国心と、道場で行われる尊敬と愛に基づいた若者の教育について積極的に話します。 これはすべて極真会館のウクライナの道場で起こります。 唯一の違いは、彼らが暴力、殺人、戦争を支持してはいないということです。

世界中の極真会館は、ロシアの中からウクライナを支持し、ロシアの戦争に反対している人々も知っています。彼らの友人や同僚に実際に何が起こっているのか、そして私たちが家の窓の外で何を見ているのかを伝えています。彼らは泣き、許しを求め、彼らが見たものに恐怖を感じます。 実際に起きている事はロシアのメディアおよび地域のチャンネルでは伝えない事実をウクライナの人友達か親戚か直接に現場から伝えています。戦争に反対しているロシア人の意見もなぜ伝えないのでしょうか? 戦争を支持している人々は全部理解しても、なぜ彼らをサポートしないのですか。 あなたたちと彼らは同じ人間でしょうか?
いいえ、同じではありません。 彼らは肉体だけでなく精神も強いです。

正しい人は誰一人として、その兆候や形態のいずれにおいても戦争を支持または承認することはありません。

このような戦争に対する姿勢は、すべてのコーチや選手だけでなく、極真会館の運営や、このプロジェクトに何らかの形で関わっているすべての人々にも共通しています。 今何が起こっているのか見ない、あるいは見たくない人たち、あらゆる行動で戦争を支持する人たち、そして戦争を解き放つ人たちと協力する意味はありません。

今後、行われる国際大会やセミナーであなたの手を握手する人が少なくなるでしょう。あなたに「押忍」と挨拶してくれる人が少なくなることは間違いないでしょう。

Share:
  • 0
  • 1
Tags: IKO
  • Search
  • Upcoming events
    The 13th European Championship Kyokushin Union
    08/10/2022 - 09/10/2022 Santa Susanna, Spain
    Romanian Fullcontact Karate International Cup 2022
    08/10/2022 - 08/10/2022 Sibiu, Romania
    The 4th European Fullcontact Karate Camp 2022
    14/10/2022 - 16/10/2022 Tongerlo, Belgium
    The 2nd on-line International Kata Cup for clubs
    22/10/2022 - 22/10/2022 Zoom platform
    The 35th KWF European Kyokushin Championship
    04/11/2022 - 05/11/2022 Lisbon, Portugal
    European Karate Shinkyokushin Championship 2022
    04/11/2022 - 05/11/2022 Sofia, Bulgaria
    The 19th European Open Karate Championship (IKO)
    05/11/2022 - 06/11/2022 Myslenice, Poland
    The 5th WKB European Weight Category Championship
    12/11/2022 - 13/11/2022 Debica, Poland
    European Karate Championship 2023 (WKO)
    01/04/2023 - 01/04/2023 Gothenburg, Sweden
    The 13th World Open Karate Championship (WKO)
    14/10/2023 - 15/10/2023 Tokyo, Japan
    The 3rd WKB World Championship
    2023 Nov - 2023 Nov Sabadell, Spain
  • YouTube video
  • Instagram